あんじー祭りの芸術ブログ<人を描く>

あんじー祭り。http://anzymatsuri.web.fc2.com/ 管理人 が人物画を描く事を通し文化芸術について語たります。もちろん人物画の解説もあります。

作り手目線で見てしまうという職業病

作品を作り続ける人生を送っている。それで飯を食っているわけではないが

 

長年絵を習ったり、作品を展覧会やネットで発表し続けると

 

 

職業病というのか作り手目線でモノを言うくせがついてしまった。

 

国立西洋美術館デュフィのバイオリンの絵をみてたら

 

平面的な絵かなと思ったら結構立体的に空間をだした絵なんだなあと感想を持った。

 

 

 

兄から勧められた水曜どうでしょうyoutubeで見てたら

 

『あー「テンポ」が悪い。何かこうもっとサクサクみれないもんかね。間の取り方が下手』という何か作り手目線で

バラエティ番組水曜どうでしょうの感想を兄にいったら

『何、テンポ?』

 

なんかこうダラダラ息抜きに見る番組に対してまでこういう目線で語ってしまう自分が居る。何かを作り続けると息抜きに見る作品やコンテンツにたいしてさえ妙な批評眼を披露してしまう癖がついてしまう。

 

そんな難しく考えすぎと思う人もいるでしょうがこういう生き方しているとしょうがない部分があるのです。

f:id:anzymatsuri:20190316174657j:plain