あんじー祭りの芸術ブログ<人を描く>

あんじー祭り。http://anzymatsuri.web.fc2.com/ 管理人 が人物画を描く事を通し文化芸術について語れないかと考えていきます。

エッセイ 今の時代 クリムトやデュフィの画集を見ていると

クリムトデュフィのような本物の画家を絵を見たりする

 

2019年にはデュフィクリムト展で本物の絵画を見た

 

今の時代絵を描いている自分で言ってて情けないけど

 

現代のアートよりデュフィクリムトたちの当時のアートの方が美しい。

 

デュフィクリムトの画集をよく見ているんだけど。

 

本物のクリムトデュフィの絵画が

 

錯覚かわからないけど

 

デュフィマティスクリムトやシーレなどの当時のアートが

 

 

現代の僕に向かって

 

『気をつけろ!お前らの時代アートも含めてとんでもないスピードで破滅にむかっているぞ』と忠告してきてくる

 

 

感覚がする。

 

イメージとしては半グレが乗ってそうなこわーい黒塗りのバンにのさられて

 

猛スピードでどっかにつれていかれているのが

 

僕が今の時代に対するイメージなんだ。

 

どんどん取り返しのつかない方向へとんでもないスピードで

 

芸術性もない文化レベルの低い

 

色気もアイディアもユーモアもないどこか

 

つまらない場所へ連れてかれているイメージが今の時代への僕のイメージだ。

 

なぜだろうそんな感覚がする。

 

 

クリムト作品集

クリムト作品集

 

 

 

DUFY (世界の巨匠シリーズ)

DUFY (世界の巨匠シリーズ)

  • 作者:大下 敦
  • 発売日: 1972/02/29
  • メディア: 大型本